あくね歯科クリニックホワイトニング・審美歯科

ホワイトニング 名古屋

TEL:052-623-0333

あくね歯科クリニックの考えるホワイトニング

ホーム > コラム

コラム一覧

ホワイトニングの方法と薬剤

今回は当歯科医院で行うホワイトニングの使用薬剤についてお話しします。

ホワイトニングの種類には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。もちろん種類に応じて、使用する薬剤がそれぞれ違ってきます。

オフィスホワイトニングは高濃度の過酸化水素をライトの「光」で活性化し、エナメル質に付着した着色物質を分解する方法です。ライトは薬剤を活性化させ、ホワイトニングの効率を上げるために、必ず必要になります。
1~2時間の施術を何度か繰り返すだけで、美しい白い歯になるのが特徴的です。短時間で効果を得たいという方にはうってつけです。

それに対して、ホームホワイトニングは過酸化尿素を使用します。過酸化尿素を専用トレーに入れ、そのトレーを歯に装着します。じっくりと効果が出るのですが、オフィスホワイトニングよりもさらに刺激が少なく、とても安全に施術ができるのが特徴です。

日本人の歯は欧米人に比べてエナメル質が薄く、欧米と同じ濃度の薬剤を使用すると色は早く白くなりますが、知覚過敏の症状がかなり出やすいため、薬剤の濃度や光の種類は慎重に選ぶ必要があります。

名古屋のあくね歯科クリニックでは、日本人の歯を早く白くするのに必要なぎりぎりの濃度を独自に決定し、効果と安全性を両立しています。過去にホワイトニングに挑戦して刺激が強かった、というご不満のある方も、ぜひ当医院に一度ご相談ください。

ホワイトニングでも白さが戻らない歯(2)

小さいころから、歯に白い斑点があるのがコンプレックスで、治したい。

とても稀な症例ですが、このようなお話がありました。診させていただきましたところ、確かに、白い斑点が左右の前歯一本ずつに対して一か所ずつ、くっきりと映る白い斑点があったのです。

症例をお調べしたところ、これは「歯牙フッ素症」というもので、幼少の頃にフッ素を体内に摂取しすぎると、歯や骨の表面に白や茶色の斑点ができてしまうというものでした。
この症例の場合、ホワイトニングではある程度目立たなくなりますが、歯の組織に完全に色がしみ込んでしまっているため、薬剤では根本的に消すことはできないのです。

そこで、あくね歯科クリニックでは、薬剤によるホワイトニングではなく、「ラミネート・ベニヤ法」という治療方法をご提案しました。

ラミネート・ベニヤ法は、歯の表面を0.1mm程度削り、歯にそっくりな見た目をしているセラミックの板を張り付けるという治療方法です。今、見えている歯の表面全体をセラミックの板で覆ってしまうため、当然本来の歯にある斑点も隠されてしまいます。この方法で、今回の患者さまも白い歯を取り戻していただくことができました。

ホワイトニングは、薬剤を使うことだけがすべてではありません。あくね歯科クリニックでは、審美歯科全体の視点を持ち、いかに美しい歯にするか、そのために白い歯をどうやって魅せていくかを考えて、治療方法をご提案しています。

黒ずんだ歯を1本だけ白くできる?

歯を一本だけ白くしたいんですけど、できますか?

最初は状況が分からず、私どもでもお口の中を拝見してみました。すると、確かに白い歯に混じって、一本だけ色の黒い歯がありました。
私ども歯科医から見るとすぐに「神経の死んでいる歯」と分かりました。

歯に通っている神経が死んでしまうと、少しずつですが、歯が黒ずんでいくようになります。諸説ありますが、歯に神経が通わなくなると歯に栄養が行きわたらなくなってしまいます。神経を抜いた後に歯の象牙質の変性などがあった場合には、その変性した色や状態で固定されてしまいます。自然治癒力が働かない、と言ってもいいのではないでしょうか。

自然の木々でも、根がしっかり張っている木は、少し傷つけられても再生する力があります。しかし、根が死んでしまうと、たとえ表面上は立っていても「立ち枯れ」のような状態になってしまい、いずれは倒れてしまいます。この状況と少し似ているのではないでしょうか。

このような、1本だけの、歯の神経が死んでしまっている黒ずみでも、あくね歯科クリニックでは治療が可能です。
ウォーキング・ブリーチという治療法がそれにあたります。

ウォーキング・ブリーチの治療法はこちら

ウォーキング・ブリーチは、治療の仕方を誤ると、歯の中にガスが溜まってしまい、歯が割れるなどのリスクもございます。確かな腕と経験を積んだ歯科医にお任せするのがよいと思われます。

あくね歯科クリニックでは、ウォーキング・ブリーチでのホワイトニングも多数症例をこなして参りました。このような特殊なホワイトニングであっても、何なりとご相談ください。

歯の詰め物とホワイトニングの関係

歯の色が気になるのでホワイトニングをしたい!

そのようにおっしゃられる患者さんが、徐々に増えてきているとあくね歯科では思っております。
ところが、稀にですが、別の医院に通われていた患者さんの中には、ホワイトニングで思ったほどの効果を得られなかった、という患者さんがいらっしゃり、あくね歯科を頼られてくることがございます。

お口の中を拝見すると、ほとんどの歯は白く、ホワイトニングの効果を発揮できている状態。
改めて、どの部分にご不満があるのかを確認してみました。
すると、「歯の詰め物が返って目立ってしまうようになった」と患者さんはおっしゃられました。

過去に虫歯になり、保険診療による詰め物をしている場合、保険診療の詰め物(レジン)は、経年劣化などにより黄色や茶色っぽい色に変色してしまいます。
しかし、ホワイトニングの薬剤には、詰め物を白くする機能はないのです。

あくね歯科では、ホワイトニングを導入として、審美歯科(歯を美しくする全般の診療科目)にもご対応しております。
ホワイトニングはもちろんのこと、詰め物の色のことでもご相談ください。

年齢経過と歯の美しさ

歯の色を理解するには、その構造を理解することがとても重要です。

歯の表面はエナメル質という半透明色の硬い組織で覆われていて、エナメル質の中には黄褐色の象牙質という組織があり、さらにその中には歯髄があります。
そして歯の色はそのエナメル質と象牙質の色によって決定されます。

もともと生まれ持った歯の色もありますが、年齢とともに黄褐色の象牙質の厚みが増し、逆にエナメル質はどんどん薄くなっていくため、年をとるとともに歯は黄ばんで見えるようになります。

いくら歯の表面の汚れを落としても、自分の歯は黄色いと思われている人は、遺伝か年齢の黄ばみだと理解したほうが良いと思います。

まれに、歯が形成される時期に飲んだ薬が原因で歯が黒ずんだ色になってしまうこともあります。

黄ばんだ歯を白くすることは、以前は大掛かりに削ってかぶせたり、詰めたりすることが一般的でしたが、今では歯を削ることなく安全で行うことのできるホワイトニングがかなり一般的になってきています。
最近では老若男女問わず受ける方が増えてきています。

よい歯磨き剤とは?

最近ではホワイトニングをうたった歯磨き剤もいろいろと発売されていますが、歯の黄ばみが表面の汚れであればそれを落とす効果のものでも、きれいになりますが、内面からの黄ばみは歯磨き剤では白くできません。

また汚れが落ちるものでも研磨剤などが極度に入っているものは、汚れは取れても歯の表面も削れてしまい逆効果です。

また歯石など歯ブラシでは落ちない汚れもあるので、自分で落とせれない汚れは定期的にプロのクリーニングを受けることをおすすめします。

最近では歯の表面のミクロの傷を修復する歯磨き剤も出てきています。
表面が修復されつるつるになることで汚れも細菌もつきにくくなります。歯の表面は使っていくうちに、いろいろな細かい傷が必ずついていきます。

その傷に細菌や汚れがこびりついて色が変色したり虫歯になったりします。当院ではそのような表面を修復してくれる歯磨き剤なども取り扱っています。
気になる方はぜひ一度試してみてください。

歯の汚れの種類

よく患者さんで歯の汚れをとってほしいという要望がありますが、歯の汚れと言っても色々とあります。
タバコなどを吸われて歯の表面にこびり付いたヤニ、お茶などの成分が沈着した汚れなど、これらの汚れを我々は、歯の表面に付いた着色と言っています。

次に歯石です。実は歯石と言っても歯茎のうえにある歯石と歯茎の下にある歯石で大きく2つに分かれます。

そして私たちの目には見えませんがバイオフィルムというものもあります。バイオフィルムとは無数の細菌が協力して歯の表面にこびり付いた膜のことです。

このように実は汚れと言っても色々な種類があり、それぞれ生体に及ぼす影響も違います。そしてクリーニングの仕方も違うのです。

そのため、1つ1つをしっかり理解して、自分のお口の中で何が起こっているかを把握しなくてはいけないのです。

歯の汚れと身体への影響

前回、歯の汚れの種類についてお話しましたが、ではそれぞれの生体に及ぼす影響はどのようなものがあるのか、今回簡単にお話したいと思います。

歯の着色は実は生体にとっては何も害はありません。しかし多くの方は一番見た目に気になるところなので、きれいにしたいと思っているはずです。ご自身の歯磨きで一生懸命落そうとして逆に歯の表面を傷つけてしまうと、それが原因で知覚過敏になったりより着色しやすい表面形態になったりします。プロのクリーニングで着色は落としたほうがいいと思います。

次に歯石にはどういった害があるのでしょうか?実は歯石自体は何も害はないのです。しかし、歯石が付くことで歯の表面に歯ブラシが届かなくなりそれが原因でプラーク(歯垢)がたまり虫歯や歯周病に罹患してしまうのです。しかも歯茎のすきま(歯周ポケット)に歯石がこびりつくと見た目はきれいに磨けているのに、実は歯茎の中で細菌が増殖し骨がどんどん解かされていくのです。なので、歯石といってもどこについているかでクリーニングの仕方も生体におよぼす影響も違うのです。

では、バイオフィルムはどういった害があるでしょうか?これは前回お話したとおり細菌のかたまりなのでついていれば虫歯や歯周病の原因になることは言うまでもありません。やっかいなのはこれが歯ブラシでは完全落とすことができないということなのです。そしてプロのクリーニングを受けたとしても研究では3か月するとまた歯の表面に再形成されてしまうということがわかっています。

だからこそ自覚症状がなくても定期的なクリーニングは必須なのです。

化粧室で歯磨きをされる人の割合

ランチ後のオフィスビルの女性トイレは歯磨きする女性社員でいっぱい、という光景が日常的に見られるようになりました。

1日3回以上歯を磨く人は増えており、平成17年の厚生労働省の歯科疾患実態調査によればその割合は約21%で、調査ごとに少しずつ伸びてきています。また歯磨きメーカーの行った調査では、オフィスで働く女性の半数以上がお昼の歯磨きをしているそうです。

2003年頃にオフィスビルが大量供給されたことで、テナント誘致のため付加価値をつけるべくトイレの機能を競い合った結果、オフィスビルのトイレの快適性やデザイン性がぐんとアップしたことも歯磨きする人が増えたことの一因になっているようです。

化粧ポーチなどの小物収納棚の設置は今や当たり前で、化粧直し専用のスペースがあったり、洗面ボウルの間隔が広くとってあったりと、より快適にお化粧や歯磨きをしたいという働く女性のニーズを意識した配慮が各所に見られるようになりました。

最近は駅の有料化粧室が増えたり、ドリンクサービスまでついた有料パウダールームなるものまで登場してきており、利用状況も上々と聞きます。お金をかけてでも快適空間を望む人が増えているということなのでしょう。

そうしたスペースがさらに進化すれば、いつか各種歯磨きグッズを備えた歯磨き専用のスペースができないとも限りません。もしそうなれば、外出先での歯磨きはよりスムーズにそして快適になるのではないかとも思います。

美歯をつくる食べ物

歯に良い食べ物と言えばカルシウム、ということで牛乳や小魚、チーズなどが真っ先に思い浮かびますが、小松菜やモロヘイヤなどの野菜、ねりごまや豆腐、硬質のミネラルウォーターなどにもカルシウムは含まれています。

同じカルシウム食品でも、身体への「吸収率の高いもの」を「効率よく」とることに注目すると良いそうです。吸収率の高い順では1位が牛乳・乳製品、2位 大豆製品、3位 魚類、4位 野菜類とされています。

一日にとりたいカルシウムの最低量を700mgと厚生労働省が定めていますが、日本人が通常の食事でこの量をとるのは意外と難しいようです。実際にとれるのはせいぜい200mg~400mg程度とのことですから、かなり意識してとるようにしないと美歯づくりどころか必要最低量にも達しないかもしれません。

そんな時、牛乳1本(220mg)とチーズひとかけ(25gで158mg)をプラスしてとれば、それだけで378mg。1日に必要な量の半分以上が補えてしまいますから、やはり乳製品は優秀食品と言えるでしょう。

丈夫で強い歯を作る栄養素の代表格であるカルシウムですが、それ以外の栄養素もそれぞれ歯に良い働きをしています。

  • たんぱく質 歯の土台を作る材料になる
  • ビタミンA 歯のエナメル質の土台を仕上げる
  • ビタミンC 歯ぐきを構成するコラーゲン繊維の修復を助ける
  • ビタミンD カルシウムの吸収を助ける

「食べ合わせ」もとても大切です。たとえば歯医者さんのサイトなどで、カルシウムと一緒にシイタケをとろう、というアドバイスを時々見かけます。これはシイタケの含むビタミンDがカルシウムの吸収率をアップさせてくれるからです。

健康なピンクの歯ぐきづくりには、鶏の手羽先やウナギ、フカヒレなど新陳代謝を促すコラーゲンたっぷりの食品がおすすめですが、コラーゲン生成を助けてくれるビタミンCと併せてとるのがお約束、と言われます。

要は、カルシウムだけでなく色々な栄養をバランスよくとるのが良いようです。健康な身体づくりと一緒です。そしてしっかり噛む、ということを意識して、サプリメントではなく食品からとるのが基本です。

噛むことは、吸収を高めるだけでなく、唾液の分泌が促されプラーク(歯垢)を落としたり、食材の繊維が歯の表面をこすり、歯が磨かれるという直接的なおそうじ作用がある、などの重要な働きをしています。

ごぼう、りんご、セロリ、きのこ類、にんじん、じゃこ、さきいかなどの噛みごたえある食材を選ぶ、普段の白米を玄米に、柔らか白パンをライ麦・全粒粉など固めの粗びきブレッドに置き換える、食材を大きめに切るなどのひと工夫でも噛む回数は増やせます。

歯に良い食べ物、みなさんも探されてみてはいかがでしょうか。

具体的なクリーニングの手順

実際にプロのクリーニングはどのように行われているのか今回書きたいと思います。

我々の病院ではまず歯周ポケットの検査をして隙間がどれくらいあるか調べます。
これにより前回話したポケットの中に歯石がついているのかいないかや、歯周病が進行していないかなどがわかります。
もちろん歯周病が進行している場合は正確な診断をするための検査を追加で行い歯周病治療に入っていきます。

次に歯石を超音波の器械で落としていきます。器械で落とすことのできない細かいところは、手で器具をつかって落としていきます。
着色は超音波でもとれるのですが細かくとるのが難しくまた時間もかかります。
そのため我々の病院では、細かな粉状の粒子をお水と一緒に出す着色を専用に落とす器械をつかい、きれいにしていきます。
ここまでくると目に見える汚れはすべてきれいになっています。

しかし、まだ細かなすきまにバイオフィルムが残っているので、最後に専用のお薬をつかって歯の表面の研磨と、バイオフィルムの除去を行っていきます。

このようなクリーニングは時間にしてだいたい30~45分かかります。あまりにも汚れがひどい方は2回に分けることもあります。
定期的に受けることをお勧めします。

名古屋 ホワイトニング事情

ホワイトニングは、地域によりその特性が違います。

そもそも、海外ではホワイトニングだけの専用サロンもたくさんあり、非常に一般的になっていても、
日本ではまだ、すべての人が当たり前のようにするという時代はまだもう少し先の話かもしれません。

しかし、東京などでは、かなり一般的になってきており、
徐々に他の地域でも広がりをみせてきています。

当医院でも最近は、結婚式前にやるというカップルや、年輩の男性の方など、幅広い層に浸透してきてます。

歯科医院にもっと気軽に来てもらえる環境づくりも、大事な要素の1つと思います。


Copyright © 名古屋 ホワイトニング あくね歯科クリニック. All Rights Reserved.